彼氏に信用できないと言われた?原因は?

本当に彼のことを好きだったのにも関わらず、「信用できない」と言われてしまったら悲しいものがありますよね。
一体自分のどこが彼に信用を失わせることになったのでしょう。

 

もしかしたら、彼のことが大好きでとった駆け引き作戦が失敗だったのかも知れません。

 

 

1. 「モテる女」を強調し過ぎた

よく男性に追いかけられる女性になる為に、他の男性の存在をチラつかせるという作戦を使います。
しかし、誠実な彼に「私はモテる」ということをアピールするのは逆効果です。

 

彼に男友達が多いことを自慢したり、他の男性のことを話題に出したりするようなことは慎みましょう。

 

 

2. 噂話が大好きな女性

彼と会っているときに、人の噂話をしていませんでしたか。
それがもしも彼と共通の友人の話題ならば、良い話であればともかく、噂話であれば彼も良い気持ちがしません。

 

「もしかしたら自分のことも他人にそんな風に言われているのでは?」と疑われてしまうことでしょう。
知っていても気にしない、というのが女性のたしなみです。

 

 

3. 彼に頼ることをしなかった

何があっても自分で解決しようとして、「別にいい」「大丈夫」とかたくなに申し出を断る女性は、男性にとっては面倒くさく見えてしまいます。
何かあったら頼って欲しい、男性ならばそう思うものです。

 

「どうしたの?」と訊かれたら素直に「今悩んじゃってるんだけど」と話を聞いてもらいましょう。
その後で「聞いてくれるだけで気持ちが軽くなった、ありがとうね。」とニッコリ笑うと魅力的な女性になります。

 

 

まとめ

「信用できない」という言葉は、逆に「信用されてないから」という気持ちの現れでもあります。
まず貴女が彼のことを信用して、彼と真っ直ぐに向き合えるようになりましょう。